吉川物流センター

計画概要

1 敷地概要
敷地面積  24451.70 m2
用途地域  無指定地域 市街化調整区域
防火地域  防火地域外
指定建蔽率 60%
指定容積率 200%
高度地区  なし
日影規制  5h/3h/4m(高さ10mを超える建築物)
前面道路  県道12.01m、接道長さ10.40m 市道6.3m

2 建築概要
建物用途  倉庫+事務所
構造    鉄骨造
階数    地上2階建て
階高    1F:6.0m 2F:5.6m
最高高さ  東棟:14.25m 西棟:13.60m
基礎    杭基礎
建築面積  東棟:6182.90m2 西棟:2915.57m2 守衛室:7.83m2
      合計:9106.30m2 建蔽率:37.24%
床面積 東棟:11194.07m2 西棟:5716.48m2 守衛室:7.83m2
      延べ面積:16918.38m2 容積率:68.57%
耐火性能 準耐火建築物 ロ-2準耐
主な特徴  東棟・西棟とも冷蔵倉庫
      東棟にはバナナ室(むろ)が20基設備

3 事業経緯
2016末  総合コンサル業務スタート:物流倉庫のあり方、開発方針、建築計画、物流計画、事業計画
2017.4   地上げ、農振除外申請を開始
2018.7  農振除外通知 
2019.2  特積立地照会回答 
2019.3  市道廃止
2019.6  住民説明会
2019.12  都市計画適合証明・農転5条許可・ERI建築確認済証
2020.1.18 地鎮祭
2021.6.19 住民説明会
2021.6.22 引き渡し
2021.6.24 竣工式

吉川物流センター 空撮 北東から南西を見下ろす 手前:東棟 奥:西棟 構内交通は右回り基本で西棟により周辺環境への負荷を抑制する配置計画
吉川物流センター 空撮東コーナー 手前:東棟 奥:西棟 西棟の左の緑地は雨水貯留池 西棟の後方にはURが開発したきよみ野団地が広がる 左手前隣地は市の水道局
吉川物流センター 入口からの全景 手前:東棟 コンテナバース×3 大庇付きプラットホーム  左奥:西棟
吉川物流センター 構内通路から2棟を見る 左:西棟 右:東棟
吉川物流センター 緑化された貯留池越しに見る西棟 緑化率25%
吉川物流センター 東棟南面の夜景 周辺環境を考慮して大庇下に限定した照明 LEDは一定程度、虫を寄せない効果がある
吉川物流センター 敷地西側大場川沿いの遊歩道の南側より 規模・色調と敷地後退により街並みになじむボリューム感を演出
吉川物流センター 敷地西側大場川を渡る橋から新緑越しに見る 周辺環境との調和を最大限図ることで既存住宅街から受け入れられる流通施設を目指した
吉川物流センター 敷地西側大場川対岸遊歩道の桜並木越しに見る 差し色のグレーの竪樋が列柱効果でベージュの壁にリズムを作りスケール感を与える 壁は季節の色の背景になっている
吉川物流センター 東棟エントランス 接岸する大型車両のドライバーが配車業務を確認するほか、アルコールチェックなどが行われる
吉川物流センター 東棟1F前室 左手:トラックバースへのオーバーハングドア 正面:垂直搬送機 右手:倉庫への耐熱扉
吉川物流センター 東棟1F 標準的な倉庫 東棟西棟とも全館冷蔵倉庫 標準は5℃設定 隣接倉庫との温度差設定可能な仕様
吉川物流センター 東棟1F倉庫 0℃まで設定可能、水作業可能な床仕様
吉川物流センター 東棟2Fバナナ室 1000ケース収容可能な室が20室あり、入荷した青バナナは5~6日で色付けされる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

滋賀配送センター